コラーゲンは重要

人間の体の20%近くはタンパク質で構成されており、その約3割がコラーゲンであると言われております。
肌はもちろん、筋肉や骨など体の様々な部分がコラーゲンを必要としております。
タンパク質は体内のアミノ酸から生成されていて、食事に含まれているタンパク質は一度アミノ酸などに分解されてから、必要な栄養素、成分などに変換され、代謝に利用され人体を形成します。
コラーゲンも、サプリメントなどで摂ったとしても、一度ペプチドやアミノ酸などに変換されます。しかしコラーゲンペプチド自体が体内でのコラーゲン生成を促す作用があるので、他のタンパク質を摂取するよりもコラーゲンとして補給した方が、効率が良いとされており、効果が期待できるのです。
現在では、分子構造が小さく、より高い吸収率が期待出来るトリペプチドなどを利用した製品などもヘルスケア通販で購入ができ、ダイエット方法としても人気が高いです。
肌の張りやきめ細さなどは女性にとっては、最も気になる部分だと思います。肌の張りが無くなると、たるみやシワの原因ともなってしまいます。
体内で生成されるコラーゲン量は、20歳から25歳を期に減少していくとされております。
そのためサプリメントにより、体内でのコラーゲン生成を促してやることが必要なのです。

2012年12月20日

このページの先頭へ

イメージ画像